スポーツクラブに通い始めて、不思議に感じるのは、人気・不人気のプログラムがあること。この差はいったい何なんでしょうか?

スポーツクラブのプログラムの現状

人気のレッスンプログラムは、スタジオが満員状態。活気にあふれています。一方不人気のプログラムは、個人レッスンかと見間違うばかりの閑散さ。

人数は、毎回チェックされていて、あまりにも少ないと、プログラムが終了することもあります。

 

この人気・不人気の差は、プログラム内容によるところもありますが、インストラクターの違いによるところも見逃せません。

どんなインストラクターが人気なのか、不人気なのか、ユーザーの立場から考えてみたいと思います。

同じプログラム内容の「zumba(ズンバ)」で見る、インストラクター人気・不人気の差

スポーツクラブのダンスプログラム「zumba(ズンバ)」には「コリオ」という、振付のもととなるものが存在しています。

もととなるものが同じなので、人気・不人気は、インストラクターによるものが大きいプログラムということに。

では、超人気のクラスと、どんどん人が減っていくクラスの違いは何でしょう。

インストラクターの準備不足?間がありすぎる

「zumba(ズンバ)」の1曲が終わると、次の曲をかけるために、もたつくのって、何なんでしょうね。

曲が終わるたびに、水分補給の休憩が入る。

プロなんだから、きちんと準備して来いよっ!って思っちゃいます。

振付が面白くない

振付のもととなる「コリオ」はありますが、インストラクターによって、アレンジが異なります。

人気のインストラクターは、みんなで盛り上がれるように考えられたアレンジ。

初心者でも楽しみやすいように、上手に工夫されています。

一方、不人気のインストラクターは、同じ振付の繰り返しが長い。

 

手抜は、バレないと思っているのでしょうかねぇ。すぐにわかりますよ。

侮れない、初心者級のおばちゃま達

あまり振付に順応できていない、どちらかというと初心者クラス向きのおばちゃま達。

この層を、侮っていると、たちまち不人気クラスに。

「きちんと踊れていないから、手抜でも大丈夫」

なんて、考えたら、あっという間に参加者減へ。

スポーツジムは多くのプログラムを実施しているので、できる、できないは関係なく、生徒の評価の目線レベルは高いところにあります。

しかも、ロッカールーム内でもウワサ話の中心は、このおばちゃま達。

「あの先生は、駄目よねぇ」

なんて言われたら、その評価は瞬く間に広まり、ダメダメ烙印が押されちゃいます。

インストラクターの人柄?

インストラクターとはいえ、生徒=お客が相手じゃ、サービス業ともいえます。

ココ結構重要。

人気のインストラクターを見ていると、サービス精神のある方が多いようです。

 

要するに、手抜はすぐに見破られるってことですね。

 

最近、スポーツジムが乱立ぎみ。

お客の取り合い合戦を繰り広げています。

そんな中で、複数のスポーツジムを行き来する人も増え、会員の間での情報交換も活発です。

 

 

何でこんなコト書いているのか。

それは、今のジムのプログラムが面白くなくなってきているから。

あ~ぁ、ほかに移ろうかなぁ。