今のスポーツクラブに通い始めて、約3年。

3か月ごとにアクティビティのプログラムが改変することが、目下嘆きの種。

 

というのも、どんどん初心者向けプログラムに侵食され

「つまんな~い」現象が増殖中。

 

「また、プログラム、つまらなくなった」

が、3か月ごとの合言葉のようになっている。

 

それは、私の通っているスポーツクラブだけの問題ではなく、

近隣のクラブに通っている人も、同様に嘆き中。

 

その原因はわかっている。

平日のスポーツクラブがシニア層に埋め尽くされているから。

 

定年退職したシニア層が毎日訪れる場所で多いのが

スポーツクラブ、図書館だそうで。

 

 

1か月9,720円で、サウナもお風呂もついていて通い放題。

健康にもよく、冷暖房完備で、まさしく時間のあるシニアにはおススメの場所なのだが。

 

だけどねぇ。

シニア層が好んで参加するプログラムは簡単なものばかり。

簡単な、初心者向けのアクティビティは参加人数も多く、ちょっと難しくなると参加者が激減する。

 

問題はココからで。

 

インストラクターへの報酬額は、参加者の人数によるところが大きく、またプログラムの種類も然り。

となると、簡単な初心者向けのものがどんどん増殖。

 

だから若者は離れちゃうんだよね。

 

シニアが多い⇒シニア向けのプログラムを増やす⇒若者が減り、シニアがさらに増える

 

この循環から脱せない。

スポーツクラブは養老院か?という記事を見かけたことがあるけれど、ホント、それに近いものを感じる。

 

ジムはボランティア活動じゃないから、営利を追求することはわかるけど。

若者がいたほうが、活気あるんじゃないの?

と思うわけで。

 

今後シニアがどんどん増えると、スポーツクラブもますますシニアに占領されるんだろうなぁ。

 

 

…いや、その時は、自分がシニアになっているか(笑)。