定期保険とは

定期保険は、保険期間内に、被保険者が死亡した(または高度障害になった)場合にのみ、保険金が支払われる保険。
保険料は掛け捨てで貯蓄性がない分、安い保険料で大きな保障を得ることが出来る。

メリット
保険料が他のタイプに比べて割安なので、無理のない負担で大きな保障が得られる。
健康状態や喫煙状況によっては非喫煙者割引特則を付加することにより、より割安な保険料でご加入できる。
所定の身体障害の状態になったときは、以後の保険料の払い込みは不要。

デメリット
一定期間の保障しか得られない
保険期間をとおして解約返戻金がない。