利率変動型積立終身保険

利率変動型積立終身保険は、「アカウント型保険」や「自由設計型保険」とも呼ばれ、主契約の「貯蓄部分(積立部分)」と特約の「保障部分」の2つから構成される保険。
保険料払込期間中は積立金を蓄積し、保険料払込期間満了後はその積立金をもとに、一定の金額までの範囲で、その時の健康状態にかかわらず終身の死亡・高度障害保障を確保することができる。

メリット
・死亡保障や医療保障などの各種保障は特約で確保する
・ライフステージに合わせて、保障内容を適宜見直せる
・積立部分に溜まったお金を自由に引き出して利用できる
・払込満了時に積立部分に溜まったお金で終身保険等に移行できる

デメリット
・積立部分の利率は定期的に変動する
・払込満了時に終身保険などの元になる積立金は全く予測できない

この保険は、死亡保障や医療保障などの保障機能に重点を置いた保険を自由に組み合わせて契約する形が一般的。

組み合わせ型の場合、払い込む保険料のうち積立に回す分と保障に回す分を一定の範囲内で自由に設定・変更できます。また、積立金は一時金を投入することによって積み増したり、必要に応じて引き出すこともできます。保障のための保険料を積立金の中から払い込むことによって、保障内容は変えずに毎月の保険料を減らしたり、払い込みを中止することができるなど、契約後の状況の変化に応じて柔軟に保障の見直しや払い込む保険料の調整ができる仕組みです。

適用される予定利率は、市場の金利動向に応じて一定期間ごとに見直され、変動します。

一般に利率変動型積立終身保険は、ライフプランに合わせて、保険設計の自由度が高い一方で、その仕組みは結構複雑です。また、主契約の積立部分については、保険料の払込期間中は積立金を蓄積し、保険料の払込期間満了後はその時点の積立金を元にして、一定の金額の範囲内でその時点の健康状態に関わらず、終身保険や年金などに移行できるようになっています。その具体的な活用方法としては、主契約の積立部分の上に、死亡保障や医療保障などの各種特約を自由に組み合わせて、必要な保障を確保することになります。

<利率変動型積立終身保険の仕組み>

・主契約:貯蓄部分(払い込み完了時に積立金を終身保険などに移行)
・特約:保障部分(死亡保障や医療保障など必要な保障を契約し確保)

毎回払い込む保険料はいったん主契約の積立金に入れられ、そこから契約する保障部分(特約)の保険料を支払う仕組みとなっています。また、払い込む保険料は、余裕資金のある時は多く、余裕資金のない時には少なくといったように、加入時や契約途中に所定の範囲内で自由に設定することができます。これにより、保障内容は変えずに毎月の保険料を減らしたり、払い込みを中止することができるなど、契約後の状況の変化に応じて、柔軟に保障の見直しや払い込む保険料の調整ができます。