お風呂の浴槽にヒビが入ってしまったので、これを機にユニットバスをリフォームすることにしました。

はじめてのリフォーム。

さて、どこに依頼したらいいものか。

そこでまず思いつくのがリフォーム業者比較サイト。実際に利用してみてのメリット、デメリットをみてみます。

リフォーム業者比較サイトの比較

リフォーム業者を比較できるサイトが複数あり、それを選ぶのにまず迷いそうです。

そこでひとつの基準となるデータをリフォーム業界新聞が公表しているので、まずはチェックしてみます。

登録リフォーム業者が多い比較サイト

順位 サイト名 登録企業数
 1 家仲間コム 1,725
 2 住宅・住まいのリフォーム隊 1,721
 3 SuMiKa 1,400
 4 ホームプロ 1,068
 5 SUVACO 1,050

みんながよく利用している比較サイトは?ユニークユーザー数ランキング

順位 サイト名 月間ユニークユーザー数
 1 ホームプロ 530,284
 2 家仲間コム 319,700
 3 SUVACO 232,278
 4 リショップナビ 228,745
 5 リフォームコンタクト 172,576

成約件数ランキング

順位 サイト名 成約件数(月間平均)
 1 ホームプロ 940
 2 リショップナビ 278
 3 外壁塗装の窓口 277
 4 グリーンエネルギーナビ 165
 5 ソーラーパートナーズ 109

登録リフォーム業者数は、利用してみると1人、2人で経営している業者も登録されているので、一定数の登録があれば、さほど変わらないと思います。

またユニークユーザー数は、Googleの検索順位が大きくかかわっていると思うので、ホームプロが上位表示に成功しているということでしょう。

そうなると、登録されている業者の内容、提案力が見られるのは成約率。率のデータがないので、成約件数で見ると、ざっくりとした参考になるかもしれませんね。

 

では、実際に利用してみてチェックしてみます。

ホームプロ

リフォーム内容を匿名で登録すると、リフォーム会社から連絡が入ります。登録から約5日間で紹介期間が終了。12社から提案がありました。評価が高い順、件数が多い順で並び換えることもでき、わかりやすく比較しやすいサイトです。

ホームプロ

オウチーノ

オウチーノも匿名で依頼ができます。6社からの提案がありました。前年1月1日以降の商談においてユーザから正当と思われる苦情・クレーム等がない企業が認定され、表示されているので、選択の基準になってわかりやすかったです。

オウチーノ

家仲間コム

リフォーム業界新聞のランキングにインしていたサイト。匿名で依頼ができます。9社から提案がありました。上記2サイトと重なるところもありましたが、デザイン会社、設計事務所といった新たなところからもコンタクトがあったので、幅広く見積もりをとりたい場合、いいかもしれません。ただ、見にくい。比較しにくい。わかりにくい。で、使い勝手がいいとは言えないサイト構成です。

家仲間コム

リショップナビ

成約件数で2位のリショップナビは、上記のサイトと異なり、一度リショップナビサイトの担当者からの聞き取りが入ります。それにより、利用者にあうリフォーム会社をセレクトして、5社を紹介してくれます。ただし、匿名ではなく、紹介業者へは、連絡先等が開示されます。

リショップナビ

ライフワン(生活堂)番外編

比較サイトではありませんが、リフォーム箇所と地域が合致すれば、驚くほどリーズナブルな価格提案があります。ライフワンは比較サイトと提携していないようなので、個別に依頼する必要があります。

生活堂

Amazonリフォームストア 番外編

Amazonにもリフォームの窓口があります。価格があらかじめ表示されているので価格の比較がわかりやすいです。

ただし、お風呂を例にすると、「1216」「1116」「1620」という数字の表示があります。これが浴槽のサイズを示しているという予備知識がないと、選べないので、いくつかのリフォーム会社の提案を聞いてから、最後にチェックしているといいかもしれません。

Amazonリフォームストア

 

 

参考サイト

リフォーム業界新聞