マンションのユニットバスリフォーム+ガス給湯器の交換をしました。

 

リフォーム業者を決めるにあたり相見積もりしたところ、100万円~120万円が提示額の相場。

そんな中、1社だけ60万円台での見積額を提示してきたところがありました。

それが、ライフワン(生活堂)。

 

激安ともいえる、他者と一線を画した提示額に、当然のとこながら、疑念がフツフツ。

「大丈夫かぁ???」

心配でネットで検索してみると、案の定良くないコメントも。

 

そんなマイナス面がある業者ですが、ライフワン(生活堂)にリフォームをお願いしました。

激安のライフワン(生活堂)でのリフォームは、どう?

「安すぎるのはやめたほうがいい」

というコメントがある中、あえてライフワンに決めた理由は、

担当者が信頼できそうだったことと、

安い理由を聞いたたらきちんと答えてくれたこと。

もともとホームセンターなどのリフォームの下請けをしていたとのこと。そのため上乗せ金がないことと、仕入れが安くできるとのことでした。

 

で、結果はどうだったか。

リフォームを終えた今、特に不満点はありません。満足いくリフォーム工事でした。

何をもって満足のリフォームと言えるか?

人によって異なると思いますので、我が家のポイントを。

1、仕上がりに不具合がないこと

2、料金が明瞭であること

3、工期がきちんとしていること

4、職人の人柄がいいこと(挨拶がきちんとできて、最低限の身だしなみを整えている)

 

家の中に他人が入り、一緒にいる時間が短くはないので、職人に難があれば、かなりのストレスになります。

リフォームを依頼する前に

「家を不在にするときはどうしたらいいのか」

と聞いてみましたが、

「いつも一緒に仕事をしている職人さんなので、大丈夫。信頼してもらうしかない」とのこと。

 

営業担当者が信頼している職人さんなら、問題はないだろうと考えましたが、実際とくに問題はありませんでした。

ユニットバスリフォーム行程

依頼する前は、契約すればすぐに工事に取り掛かれるのかと思っていましたが、実際の工事までは契約から最短でも1か月ほどかかります。

では、今回のユニットバスリフォームのざっくりとした工程を。

リフォーム1か月前

契約書を交わす。施工日決定。

見積もり金額の半分を振り込み。

マンションの管理組合へ届け出。場合によっては上下左右住戸に承認印をもらいます。

リフォーム2週間前

上下左右住戸に業者より挨拶。不在の場合はドアノブに。

中身はおそらくティッシュペーパー。

お風呂業者の現場確認。壁紙決定

リフォーム1日目「解体」

マンションの入り口、エレベーター、廊下、玄関から風呂場までしっかり養生。

ユニットバスが解体され、電気線とコンクリートが露出する状態に。

朝9時から開始。営業担当者と職人さん1人来訪。お昼前から職人さん1人のみ。お昼1時間休憩をはさみ、4時前には終了。

2日目「新しいユニットバス設置」

職人さん1人、朝8時半過ぎからユニットバスの材料を玄関前に運搬。9時過ぎから部屋内へ。3時前には終了。

コーティング剤が乾いていないので、お風呂は使えません。

3日目「ガス給湯器交換」「壁の隙間修繕」「壁紙」

最終日は3名の職人さんによるリレー工程。

午前中はユニットバスと壁との間を埋めるための大工工事と、ガス給湯器交換。午後は壁紙の張替えでした。

すべての工程が終了した後、営業担当者がチェックに来て、残金の振り込み案内と完了書類にサインして終了。

 

2日間、お風呂が使えなくて不便でしたが、新しいお風呂は新しいニオイがして、嬉しいです。

 

後日、テレビで放送しているリフォーム料金のCMを見て、オットは

「本当に安かったなぁ」

とひとこと。

 

やっぱり、安くできたのは、満足度をあげますね(笑)。