スーパーで、ハロウィンバージョンのカップヌードルを発見。

edf

手に取ってよくよく見ると「パンプキンポタージュヌードル」。

 

ゲゲゲっ!

ポタージュスープに、ラーメン入れちゃったの???

想像しなかったコラボ!

ありえねぇ~!

 

と、思いながらも、試食。

パンプキンポタージュヌードル_2

 

蓋をめくると、甘い香り。

かぼちゃというより、パンプキンパイに近い。

パンプキンポタージュヌードル

 

ポタージュスープなら「あり」だけど、よりによって、ヌードルかぁ。

パンプキンポタージュに、ラーメンつけて食べるなんて、ご飯にミルクをかけて食べるようなもの。

モノズキの食べ物かもなぁ。

 

3分開けると、汁がねっとり、とろみが濃い。

パンプキンポタージュヌードル

下から面を持ち上げ、2~3まぜ。

まぜると、見た目は、待ち時間を間違えて、容量が増えたカップ麺を思い出させる。

汁感があまりないので、具が浮き上がってこず、麺と合わさって、ごちゃっとした感じ。

edf

さて、いざ!

香りは、パンプキンパイから、かぼちゃへと変貌を遂げている。

 

味はピリッとした胡椒のアクセントがキツめ。だけど、そこが、いい。

とろりがあるため、麺に汁がからみあって、濃厚な味わい。

麺を完食した後の、スープもスープとして、おいしい。

 

全体として、美味しかった。

 

けれど、それは物珍しさからくる美味しさかも。

 

それにしても、攻めるなぁ。カップヌードル!