SOHOは100%ジブンの裁量で仕事ができる、素晴らしい環境。

…な、ハズなのだが。

現実は、ダラダラ、うだうだ、ノロノロ。

「まぁ、締め切りはないし、明日もあるし」

ということで、自分に甘~いワタクシは、どんどん堕落していくわけで。

 

10月になり、あと3か月で2017年が終わろうとしていることに、少~しヤバいなぁと思い始め、とっかかりに1冊の本を手にした。

それが、コレ。

「本当にやるべきことを後回ししなくなる」になりたい

TODOアプリなどを使って、やるべきことを書き出すことまではやっている。

が。

「期日をすぎているもの」

というリマインダーがメールにたまるばかり。

ToDoチェックだけでは、私の後回し体質が変わることはなく、積み重なっていくリストに、ついには「見ないこと」にするという暴挙に。

さすがに自分にヤバさを感じ、Amazonで役立ちそうな本をチェック。

そこで、7位にランクしていた「先延ばしがなくなる」というフレーズにひかれ、購入したのが、「先延ばしは1冊のノートでなくなる」。

目新しいとか斬新とか、そういう内容ではないものの、今のワタシには、ピッタリの内容。

帯にもあるように

「ぶっとんだ目標を書く」

「10秒アクションをつくる」

このたった2つだけで、行動イノベーション起こすことができるという。

「ぶっとんだ目標」をアプリで考えたい

読破後、まずやるべきことは、1つ目の「ぶっとんだ目標」の書き出し。

これは「ノートに書く」とあるんだけど。

 

ノートがない。

買いに行くと、帰ってきたときには、やる気が失せているかもしれない。

 

ということから、この「ぶっとんだ目標」の設定に役立ちそうなアプリを探すことに。

 

サクッと書き出し、並べ替えができる「trello」

「trello」は、この目標を考える作業にぴったり。

思いついたことをどんどんカード追加して書き出し、後からそのカードの並べ替え、移動、リストの変更、追加、移動がサクッとできる。これは超便利。

trello

何をしたらいいか考えをまとめるのに役立つ「Mindly」

目標がぼんやり見えてきたら、今度は何をすべきか考えるのだが、それに役だつのが「Mindly」。マインドマップとしてはあまりにも有名アプリ。残念ながらWindows版がないので、今まで使っていなかったが、今回Androidのスマホで使ってみて、人気な理由がわかった気がする。考えをまとめるのにはおススメ。

Mindly

 

ぶっとんだ目標を考えてみること小一時間。

ぼんやりしていたことがクリアになり、やるべきことが明確に。

 

「目標がないのは、ゴールがないサッカー」

今までのワタシは、どこにボールを蹴りだしていたのだろう(笑)。

SOHOにはコレが必須だな、と今更ながら実感。やってみて、決して損ではないので、おすすめ。