LINEが格安スマホ事業に乗り出すことを公表した今週、スマホ業界に大きな衝撃が走った。

(詳細はコチラ ⇒ LINEが格安スマホ参入で「LINEモバイル」今夏スタート!LINEポイントも登場

LINEモバイル_1

2月に一括0円が廃止となり、大手キャリアの勢いがそがれ、

ここぞとばかりに、格安スマホ業界が攻勢をかけてきたわけだが。

 

この「LINEモバイル」の発表で、格安スマホ関連の株価が一気に下落した。

 

スマホを介しての人のつながりという基盤をつくり

ゲーム、音楽など、様々なコンテンツを有し

ソフト面では、確たる地位を築き上げてきたLINE。

 

しかし、その地位が長期に安定しているものかと言えば、そうでもない。

 

かつてmixiが一世を風靡し、誰もが真似てSNSを作りたがった時代もあり、この風潮が続くと思われたが、今や、見る影もない。

 

時代は、流行を盛り上げるもの早いいが、引き際も驚くほど速い。

そして、その発端になりそうな気配を作ったのは「ベッキー事件」。

クローンiPhoneで、LINEの中身が簡単に盗み見できてしまう事実に「LINEはやばい」という空気が一気に広がった。

 

今がLINEの斜陽ドキか、と思っていた矢先に「LINEモバイル」の発表。

ここで、一気に空気感が変わる。

 

攻めるLINE!

LINEモバイルで、ソフトだけではなく、ハード面でも牛耳ろうという戦略。

 

おまけに、大手キャリアが活路を見出そうとしている「ポイントカード」にまで進出。

 

大きく攻勢をかけてきたLINE。

LINEの没落は、スマートフォンが廃れるときが一番のターニングポイントとなるのかもしれない。

しかし、攻撃は最大の防御なり。これから先、LINEはどう攻めていくのか。

ますます目が離せなくなりそうだ。