定年退職まで勤め上げた企業を去るときにもらえるのが「退職金」

ひと昔前までは、当たり前のようにあったものですが、最近は、外資系、IT企業を中心に「退職金」がないところが増えているようですね。

その分が給料に上乗せされているわけで、自分で計画的に「退職金を作る」ことが必要になってきます。

多ければ多いほどいいに越したことはない退職金ですが、自分にはいくら退職金があれば、老後困らずに暮らしていけるのかをまず知る必要があります。

そこで退職金がない会社に就職した人向けの「ライフプランニング」ができるサイトをピックアップしてみました。

日本FP協会 ライフプラン診断

ライフプラン_2

簡単な9つの質問でできるライフプランニング。

年齢が20代、30代といったように10歳ごとにしか指定できないが、細かいことが未確定な人や、ざっくりとしたことを知りたい人におススメのサイト。

ライフプラン診断

ゆうちょ ライフプランシミュレーション

ライフプラン_3

自身について、配偶者について、子供について、マイホームなどのライフスタイルについてを入力。

入力項目は上記のFP協会のものよりも細かいが、ざっくりとしたライフプランニングが可能。

ゆうちょ ライフプランシミュレーション

 

MSN 老後資金プランナー

ライフプラン_4

老後資金プランナーは、ズバリ、老後のために毎年いくら貯金すればいいのかを算出してくれるサイト。

年間の投資収益率は、複利計算サイトで目安が確認できます。

MSN 老後資金プランナー

Microsoft 生涯資産額シミュレータ(Excel)

ライフプラン_6

Excelを使ってライフプランニングをしてみたい、という方にはオフィスソフトのテンプレートを利用してみてはいかがでしょうか。

ダウンロード後は、もちろん自分でカスタマイズできるので、自分流のライフプランニングができます。

Microsoft 生涯資産額シミュレータ(Excel)

 

 

下流老人なんていうワードを頻繁に見かけるようになった昨今。

老後、、困らないように、若いうちから、計画的に備えたいですね。