昨年に続いて2回目。

今年も、亀田総合病院で、人間ドックを受けた。

日帰りで51,840円(税込)。

婦人科検診は含まれていないので、乳がん、子宮がん系オプション17,280円をプラスすると、69,120円。

決して安くなない金額。

だけど、体のメンテナンスとして、必要経費かな、と思うようになり受けている。

亀田を選んだのは、以前TVで千葉県鴨川市にある亀田クリニックのドキュメンタリー番組を見たから。

そして、万が一、がんになったら、ここで治療したいなぁと感じたから。

素人が病院を選ぶ基準は、メディアというフィルターを通したものが、一番手っ取り早い。

だけど、それが正しいか、どうかは、わからない。

 

病気が治れば、それは正しかっただろうし、

見過ごされたりしたら、それは不正解だったことになるのだろう。

 

普通の家族検診には、婦人科系の検査もついていて、1万円もかからず検診できる。

だけど、あえて、高額な人間ドックを選んだのは、一種の自己満足かもしれない。

どちらの検査をうけても、100%であることは、ありえないから。

 

しかし、今年、再び受診しようと考えたわけだから、それなりに気に入ってはいる、と思う。

 

では、どこを気に入っているか、自己分析してみることとする。

女性専用の検診センター

亀田メディカルセンター幕張は、女性専用の検診センターがある。

亀田クリニック1

別に男女混合でも、さほど気にはしていないが、イメージ的にスリッパを一緒に使うことにやや抵抗があったり。

亀田クリニック2

ロッカーや洗面が落ち着いたピンク基調なのも、なんとなく心地いい。

あくまでも、なんとなく、だけど。

亀田クリニック4

検診に入る前の問診が丁寧

人間ドックの検査前に、看護師さんの問診がある。

あらかじめ提出した書類に基づいて、また、過去のデータをみながら、

どんな検査をしたほうがいいか、相談にのってくれる。

何の検査をしたらいいか、素人ではわかりにくいところがあるので、ここは助かる。

検査後の食事がついている

胃のバリウム検査が超苦手な私としては、検査後に昼食がセットされていることが、うれしい。

検査に関係ないじゃん!という声が聞こえてきそうだが

よく我慢した!

という自分へのご褒美として、私には大切なことの1つ(笑)。

 

今回は、幕張テクノガーデンの24Fにある中国料理「謝朋殿」で、フカヒレ麺セットを食べた。

亀田クリニック8

今年は、それにプラスして、2階イングリッシュパブ「セントマークス」のティーセットもついていた。

亀田クリニック10

そうこう時間をつぶしているうちに、13:30からの検査結果説明を聞くために、再度亀田メディカルセンター幕張へ行くことになる。

看護師さんより丁寧な検査結果説明

当日結果が出ているものだけだが、結果を素人にもわかりやすく説明してくれる。

とくに、基準値オーバーしている項目について、

素人目線では、要観察なんてあると、ちょっとビビるけど、それがどういうことなのか、丁寧に説明してくれるので安心。

 

亀田を気に入っている点を挙げてみたら、

肝心の検査についてではなく

付加項目についてばかりな点で、自分でも失笑。

 

だけど、素人には、そんな点しか、わかんないよなぁ…。