「見ているページのURLを、LINEで友達に教えたい!」

 

そんなことありませんか?

 

ご存知の方も多いと思いますが、

見ているページのURLや、マップをLINEやカカオトーク、FacebookなどのSNS、メールで、友達に送る方法をご紹介します。

見ているページのURLをLINEで送る方法

ヤフーニュースのURLを送ってみます。

Andorid

1、見ているページの右上の三本線のようなボタンをタップ

2、「ページを共有」をタップ

3、送りたいSNS、メールなどを選びタップ。今回はLINEを選んでみます。

4、送りたい友達を選んで、確認をタップ。

5、「トークに送信」もしくは「ノートに送信」を選んでタップ。今回はトークで送信してみます。

6、URLが表示されているので、送信をタップ

これで、トークでURLを送れました。

iPhone

1、見ているページの下部中央にある四角に矢印マークのあるボタンをタップ。

2、送りたいSNS、メールなどを選びタップ。

以下、上記Android版と同じ。

パソコンで見ているページのURLをスマホに送る

webページを見るためのブラウザ(アプリ)を「Chrome」に変えると、パソコンで見ているページも、スマホに表示できます。

 

これをパソコン、スマホ、両方で、Chromeブラウザ( アプリ)を使うと、パソコンで見ていたものがスマホでも、サクッと見れて便利です。

<パソコンの設定>

1、パソコンのブラウザ「Chrome」にGoogleアカウントでログインします。

<スマホの設定>

2、スマホに「Chrome」をダウンロード

3、Googleアカウントを入力

ここで入力せずに、後ほど、設定からアカウントログインもできます。

3、新しいタブを開き、右下のボタンをタップし、同期。(できない場合は、同じアカウントのGmailが同期設定になっているかどうか確認)

パソコンなど、ほかのデバイスのChromeで開いたタブが表示されます。

 

パソコンでブックマークしていたものも見ることができます。

Google ChromeをつかってWEBを見る設定

Andoroidスマホは通常、あらかじめインストールされている「ブラウザ」で、webページを開いています。

これを変更して、Google Chromeを既定のブラウザにする方法です。

1、ブラウザの標準設定をクリアする

設定>アプリ>すべて>ブラウザ>標準設定をクリア

これで、WEBページを見るときに、決まったブラウザがない状態になります。

2、Chrome を常時設定する

次にWEBサイトを見るときはいつも「Chrome」アプリを使って見る、という設定をします。

任意のWEBページを開きます。

そうすると、どのブラウザで見るか、選択するポップアップが表示されるので、「Chrome」と「常時」を選びます。

これで設定は終了です。

 

これらの設定をしておくと、パソコンで見ているページのURLを、サクッとLINEやカカオトークなどでおくることができます。