iPhoneユーザー向けスマートウォッチといえば、アップルウォッチ。しかし、Apple Watch Series 3は36,800円(税別)~と高く、手軽に購入できる価格帯ではありません。

そこで、もっとリーズナブルに購入できるスマートウォッチを探してみました。

1800円前後「I5 Plus」

日付・曜日・時間、着信の表示やLINE・Facebook・twitter・Skype等のメッセージ通知、歩数・距離・カロリー表示、アラーム、スリープモニター、移動警告、遠隔シャッター機能がついています。

2000円台「LETSCOM」

心拍計がついていないものなら2,000円前後。心拍計ありのものは、2,500円位~。

時間、日付、歩数、距離、カロリー消耗表示、長時間座り警告、睡眠観測、電話の着信通知、カメラのリモート、アラーム、携帯探し、データ同期、運動データ分析などの機能がついています。

3,000円台「DIGGRO」

楽天市場のスマートウォッチランキングで1位の「Diggro S2」。心拍計 活動量計 着信通知 睡眠モニター 自転車モード GPS連動 防水 遠隔カメラ機能。LINEの通知もOKです。

 

ざっくりとリーズナブルな価格のスマートウォッチを比較してみましたが、私は最後に紹介した「Diggro S2」を購入しました。

選んだ理由は、下記の3点。

1、上記2商品は、時計の留め金部分が穴に金属をいれて止めるタイプ。それに対して「Diggro S2」は一般的な時計バンドと同様なタイプだったこと。

2、女性が腕につけてあまりゴッつく見えないこと。

3、LINEの着信通知が可能なこと。

「Diggro S2」のレビュー

それでは、購入した「Diggro S2」をレビューします。

「Diggro S2」のフォルム

気になる厚みは、1㎝ぐらい。腕につけた外観はこんな感じ。

1,000円ぐらいで購入できるリーズナブルな時計を少し厚くしたような装着感。手首は細いほうだと思いますが、穴1つ残して緩むことなくつけられました。

ゴツさは、個人的には許容範囲。

LINEの通知もOK

LINEも通知があると、振動して知らせてくれます。

心拍数を計測できます。

何もしないと画面は真っ黒なスリープ状態ですが、腕を振り上げるだけで時計が表示されます。

そのほかにも、ランニング、自転車記録、睡眠の記録、音楽プレーヤーの操作、カメラ、ビデオのリモート操作、アラーム設定、長時間座っている場合のお知らせなどが可能。

すべて専用のスマホ用アプリ「smartwristband2」を通して、設定ができます。

「Diggro S2」の設定

取扱説明書には日本語のページもあります。

ただし、少々日本語が怪しいところが。

しかし、スマホとの連携(ペアリング)は簡単でした。

まずスマートウォッチのタッチエリアを3秒長押しすると電源が入ります。その時にペアリングのコードが表示されます。このコードは書き留める必要がなく、スマホの専用用アプリ「smartwristband2」をインストールすると、そのまま指示に従うと自動的にペアリングできます。(ただしBluetoothがONであることが必要)

 

Android用の「smartwristband2」は、詳細設定ができるのですが、iPhone用の「smartwristband2」は詳細設定ONボタンがなく、LINE側で通知がONになっていれば、自動的にLINEの通知がされます。

安いスマートウォッチはどうか?

今回購入したスマートウォッチも含め、安いものは、スマホと連動している「活動量計」です。

専用のアプリにあることはできますが、外のアプリに連動することはできません。

アップルウォッチをはじめ、高額なスマートウォッチはいろいろなアプリと連動できるので、できることの範囲も大きく広がります。

ただ、LINEなどの通知は意外と便利で、スマートウォッチの入り口としては、リーズナブルなものでも十分かと思います。