スマホの機種変更で、カカオトークの引き継ぎを行ったので、その方法をチェックしておきます。

旧スマホで準備すること

カカオアカウントを登録する

カカオアカウント登録には、メールアドレスとパスワードが必要です。

その他>自分のアカウント>プロフィール>カカオアカウント登録

カカオアカウントにメールアドレスが表示されていれば、登録済です。パスワードを忘れてしまった人は、その下にある「パスワード変更」で、登録しなおします。

これによって引き継がれるのは、

①プロフィール情報
②カカともリスト
③アイテム購入履歴
④リンクされているアプリのデータ

です。

トーク履歴のバックアップをとる

カカオアカウントを登録した上で、トークをバックアップしていれば、電話番号や機種変更した場合でもトークを復元することができま。カカオトークはトークの引き継ぎが簡単。トークのバックアップデータはクラウドに保存され、異なるOS間(iOS⇔Android)にも復元が可能です。

カカオトーク>その他>設定>トーク>トークバックアップという流れで行います。

まず、カカオトークの設定画面画面上部右にある歯車マークをタップ

トーク>トークバックアップをタップ

上部の「トークをバックアップ」をタップ

パスワードを2回入力し、次へ。バックアップデータを暗号化するためのパスワードです。このパスワードは復元の際に必要となり、忘れると復元できません。

クラウドへのアップロードが始まります。

旧端末での作業はこれで完了です。
バップアップの保存期間は14日なので、その間に復元作業を行いましょう。

新しいスマホでの作業

アカウント引き継ぎ

新しい携帯端末にカカオトークをインストールし、電話番号認証をします。
旧スマホで登録済みのカカオアカウントに、Eメールアドレスとパスワードを入力しログイン
電話番号の引き継ぎ(MNP)をしない場合は、カカオアカウントのログイン時に旧スマホの携帯電話番号の入力が必要となります。

購入したスタンプは「その他」タブ>「スタンプ」>端末のメニューボタン>「購入履歴」または「その他」>「設定」>「プライバシー」>「購入履歴」から再ダウンロードが必要です。

トーク履歴の引き継ぎ

カカオアカウントにログインします。カカオアカウントにログインしないと、新規登録の扱いとなり既存の情報がすべて初期化されてしまい、復元できなくなります。

トークをバックアップした履歴がある場合は、トークの復元画面が表示されます。バックアップ日時とOSを確認して、復元ボタンをタップ。

バックアップ時に設定したパスワードを入力

復元がスタートするので、アプリを終了させたり他のアプリに移動せずしばらく待ちます。

終了すると完了画面が表示されます。これで、引き継ぎ完了です。

 

なお、引き継ぎできないものもあります。

写真、動画、音声ファイルのメッセージ、1,000文字以上の長文テキストメッセージ

シークレットトーク

は引き継ぎできません。

 

トーク履歴は、テキストでメール送信もできます。カカオトークは引き継ぎが簡単なので、機種変更のときは、引き継ぎを忘れずに!

 

カカオトーク公式ブログ