「腎臓機能」eGFR、クレアチニン、尿素窒素の値が改善されていたドッグの結果

毎年悪化する腎機能の数値

毎年受けている人間ドッグで、腎機能の数値が悪化し続けている。

検査終了後に聞く医師の説明でも「日常生活には問題はありませんが、数値が悪化していますね」と。

原因については。「遺伝による影響が否めない」という。

 

実父は人工透析の一歩手前で、

最期は腎臓がんで他界した。

 

遺伝かぁ。。。

これって、どーすることもできないって、言われているような。

 

おまけに、ネットをググると

「腎機能の回復は難しい」

と、ご丁寧に教えてくれるサイトが多い。

 

ちょっと絶望的。

 

腎機能 eGFR、クレアチニン、尿素窒素の値が改善された

が。

昨年末に受けた人間ドッグでは、数値が改善されていた。

磁石のように

私は父と同じ運命に引き寄せられていくものと

絶望的なしこりが頭の中に存在していたのだけど。

 

「なんだ、改善されるんかい!」

と。一気に気持ちが軽くなった。

腎機能改善に向けて、1年間取り組んだこと

ネットにあふれている、絶望的な情報に「待った!」をかけたくて、医学的に何の根拠もないけれど、希望がもてる事例として、この1年やったことを書き留めてみる。

しつこいけれど、これは私の例であって、根拠は全くないのであしからず。

黒米、黒豆、古代米などを夕飯にとりいれてみる

きっかけは、この本。

「腎臓機能は8%と言われながら、10年間も人工透析を拒否し続けている女性の食事法」

と謳っていて、人工透析要までいっていない私だったら、最善値があがるんじゃないか、と単純に思って、軽くマネしてみた。

この本によると、黒いものがいいらしい。

そこで、夕飯のお米を炊くときに、黒米や古代米、黒豆を入れて、一緒に炊いてみた。

「お米と一緒に炊く」

というのが、ポイント。

炊飯器に、一緒にぶち込めばいいだけなので、面倒くさがりな私にも続けることができた。

スポーツクラブで運動する

自分じゃ、運動は続かないので、お金を払い「もったいない」心に頼って、ほぼ毎日汗をかいた。

医者も

「運動は続けてください」

と、言っているし。

なにより、自分が健康に生きることより大切なものはないし。

オットも改善していた腎機能数値

毎年オットも人間ドックを一緒にうけているが、

今回の結果を見ると、オットの腎機能の数値も改善されている。

サラリーマンなので、運動は週に2~3回といったところだが、食生活は一緒。

ということは、方向性としては、間違っていないのかもしれない。

 

まだまだ継続して、今年度の結果がどうなるか、様子を見てみようと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です