知っていた?2019年1月の地震保険料改定で、今対策しなければ24,875円の差が!

2019年1月に地震保険料が変更となります。

都道府県によって、値上がりするところ、値下がりすることろがあるので、チェックと対策についてまとめます。

地震保険料、19年に全国平均3.8%の値上げ

全国平均で5.1%の値上げになった2017年1月に実施された1回目の保険料率改定に続き、2018年1月の改定は、3段階改定の2回目(3段階目の改定時期および改定率は未定)。

来年1月の改定では、全国平均3.8%の値上げとなります。

しかし、この数字、あくまでも平均値。

実は、値上げとなる値域と、値下げとなる値域が混在します。

コンクリート・鉄骨の建物の引き上げ率が高いのは福島県14.9%UP

イ構造(主としてコンクリート造、鉄骨造の建物)の改定率を見ると、高い順に

福島県 14.9%

茨城、徳島、高知 14.8%

埼玉 14.1%

宮城、山梨、香川、大分、宮崎、沖縄 12.6%

千葉、東京、神奈川、静岡 11.1%

岩手、秋田、山形、栃木、群馬、富山、石川、福井、長野、滋賀、鳥取、島根、岡山、広島、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島 4.4%

引き上げ額が大きいのは千葉、東京、神奈川、静岡

値上げ額でみると、千葉、東京、神奈川、静岡の上げ幅が一番大きくなっています。

その額は、保険期間1年、地震保険金額1,000万円あたり、割引適用なしで、2500円。

率が最も高かった福島ですが、金額でみると+1,100円 。

千葉、東京、神奈川、静岡は、改定後の保険料も地震保険金額1,000万円あたりで、25,000円と、ダントツで高い金額となっています。

 

木造住宅、その他の地域については、下表のとおり

地震保険料値上げ対策

値上げに伴って、チェックしたいのが、地震保険の保険期間

地震保険は1年~5年で契約ができます。

長期で加入すると、保険料の節約に

たとえば、2年間で契約すると、

1年分の保険料×2 ではなく 1.9。1/20だけ保険料が安くなります。

2019年1月の改定では、この割引「長期係数」もアップしてしまう

残念なことに、来年1月の地震保険改定では、この「長期係数」もアップします。

いちばん上げ幅が大きい5年で見ると、+3.4%。

 

東京都の地震保険料で見ると、24,875円の差が!

それでは、今、5年契約に変更するのと、改定後に変更するのとではどれくらい差があるのかみてみます。

保険期間1年、地震保険金額1,000万円あたり、割引適用なしで、東京都を例にとってみます。

2019年1月改定前に5年で加入

22,500円×4.45=100,125円

改定後に5年で加入

25,000円×4.6=115,000円

何もせず、1年ごとに契約更新する

25,000円×5=125,000円

 

 

こんなにも差がでます。

保険証を確認して、いますぐ地震保険に加入している保険会社、もしくは代理店さんに確認してみることをお勧めします。

 

ただし、地震保険は火災保険に加入していなければ加入することができず、火災保険の保険期間も関係してきます。

そのため、もしかすると、今、5年に変更することはできないかもしれませんので、あしからず。

 

【参考資料】

2019年1月 地震保険制度改定の概要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です