ドメインキングからエックスサーバーへ移転しました。

1、ドメインキング側での作業

データベースのバックアップとWordPressサイトファイルのバックアップをPCにダウンロードします。

データベースが大きいと、実行されなかったり、エラーになったり。その場合はいくつかに分けて実行します。

データベースのダウンロード

1、まずはドメインキング(現在のサーバー)のメンバーログインし、引っ越しするドメインを選択。パネルの中のアプリケーション&サービスの「データベース」をクリック。

2、ダウンロードしたいデータベースをクリック

「このリソースはインストール済WEBアプリケーションに利用されています」というカッコ書きがあるものとないものがあり、ちょっと戸惑いましたが、無視してよさそうです。

3、「 Webadmin」をクリック

ポップアップでphpMyAdminが開くので、左上のデータベース名をクリック

ポップアップを禁止にしていると、開きません。開かない場合は、禁止になっていないか、確認してください。

4、エクスポートをクリック

データを小分けにしてダウンロードしたい場合は、青で囲った箇所で、上部の「全選択解除」してから、ダウンロードするものを選択します。色がついているものが選択されたものです。

5、「実行する」でダウンロード

「データ」「完全な INSERT 文を作成する」「長い INSERT 文を作成する」にチェックが入っているか確認して、下部の実行するをクリック。私はファイルをzip形式でダウンロードしました。

WordPressサイトファイルのダウンロード

FTP などを使って、ファイルのあるサーバーに接続し、 WordPress サイトファイルを丸ごと PC のローカルフォルダにダウンロードします。

FFFTPのドメインキング設定方法はこちらに記載があるので参照してください。

サイトのデータが大きいと、かなりの時間がかかります。

エックスサーバー(移転先)へ引っ越し

エックスサーバーはマニュアルが丁寧で、そのまま手順に沿って行えば、OK。

WordPressの移転について

を見ながら、作業すれば、迷うことなく完了できました。

エックスサーバーへ引っ越しするときの注意点

引っ越しは無事に完了したものの、エラーになって表示されず焦りました。

2017年2月13日以降の引っ越しは要注意

新規に追加設定されるドメインにおいて、
初期状態でご利用いただけるPHPのバージョンを「7.0」に変更いたします。

エックスサーバーはPHPバージョンが「7.0」。

これにより、対応しないプラグインがエラーを引き起こす可能性があります。

Ktai StyleはPHPバージョン「7.0」に未対応

携帯電話(ガラケー)に対応させるのに、便利なプラグイン「Ktai Style」。

導入している方も多いと思いますが、このプラグインを有効にしていると、エラーになり、WordPressにアクセスできなくなりました。

使いたい場合は、エックスサーバーのサーバーパネル内「PHP Ver.切替」でPHPバージョンを変更してから、有効にします。

 

 

作業自体はさほど時間を要しませんが、ダウンロードに半日かかりました。

アクセスが増えると嬉しい反面、価格で選んだサーバーからの引っ越しは必須でしょうか。

面倒ですが、仕方ないですね。

 

無事にすんで、よかったです。