最後に仕事をしてから、もう2年以上の間があいている、とある編集部から1通のメールが来た。

過去に執筆していた期間に契約するのを忘れたから、今、文書で確認をとっておきたいという趣旨。

メールには「確認書」のひな形ようなものが添付されていた。

 

は?今更、なんだよ?

 

と、とりあえず、中身をみてみたが、内容にびっくり!

過去の記事、著作権侵害の責任は、ぜ~んぶライターがとれよ!会社は関係ないもんっ!ってなんだ!?

過去の記事の権利は運営会社にある。だけど、その記事が著作権侵害していた場合は、運営会社には迷惑かけないで、ライターが全部責任とれよ、って内容。

 

確認書

この確認書に記名捺印して、了承してね、って。

 

は?は?は?

なんじゃ、こりゃ?

こんなモン、了承できるかよ!

 

ライターに責任がないとは言えないけど

編集部の責任はどこへ行った?

いやしくも「編集部」って名乗ってるではないか!

 

 

ちょっと頭にきて、調べてみたら、弁護士サイトに答えがあった。

 

著作権

 

勝手に投稿したのでなければ、会社にも責任があるとのこと。

 

 

だいたい、こういった契約は、仕事する前に締結するものじゃないの?

そもそも、そこから違うでしょ。

 

世間で著作権問題が話題になって、はじめてびびって、

自分たちで判断できないから、とりあえず、まるっとライターに責任押し付けちゃえ!ってとこか。

 

ひでぇー会社だな。

 

「心配なら、全部記事を取り下げてください」

そう、対抗したかったけれど、こんな非常識な会社とやりあうのも無駄な気がして

穏便かつ丁重にお断りして終了。

 

フリーで働いているみなさま、お気を付けくださいませ。