「COFFEE MEETING」

という新しいサービスに登録してみた。

2012年2月にβ版をオープンさせたサービスだとのこと。

「近いけど遠いあの人と、お茶してみよう」というキャッチで展開している。

コンセプトはFacebookやTwitterでよく見かける、「近いけど遠い人」とお茶をしてもオッケーな空き時間と場所をシェアし、短いけれど大切な時間を共有しようということらしい。

興味のあることを「トークタグ」で登録しておく。

すると登録して1週間もたたないが、「いつかお茶したい」と、コンタクトしてくれる人が、2人。

リアルに会うには年齢のハードルが気になるけど、そのうち、ぜひ大勢のミーティングにもぐりこんでみたい。

それにしても、このサービス。

登録はFacebookのアカウント。

最近、この手のものが多いよね。

登録はTwitterだったり、Facebookだったりで、チョーお手軽。

軽~い、ノリってーのが、最近の流れなんだろうなぁ。

それに肩書とか所属とかより、ツイートの中身をみたほうがその人となりがわかるし。

その昔、いつもエラそーにしてる人のアカウントを偶然見つけて、その内容から愕然としたことがあったっけ。

隠しきれない「自分」がさらけ出されるから、合う人がみつかるんだろうな。

スマホが広がって、サービスもどんどん新しくなる。

まったくめまぐるしいなぁ。