リスク=危険じゃない?非常時に備えたい3つの資産って、ナニ?

「ずぼらな人でも」というフレーズが気に入って手に取った本。

リスクは危険性ではなく、不確実性

リスク=危険、危ない、というイメージですが、投資におけるリスクは「不確実性」

思わぬ事態により、大損をすることもあり、誰も確実に成果を予測することはできないということ。

とはいえ、金利変動リスク、価格変動リスク、為替変動リスクが投資リスクとして潜んでいます。

これを向上心でカバーしようという心構えが投資には必要とのこと。

おっしゃる通りです。

非常時に備えたい3つの資産

戦争とか大震災など、非常時に備える方法として3つが挙げられています。

1、3か月分の円現金(当面の生活費)

2、半年分のドル現金(世界的に通用する予備資産)

3、金地金1㎏(現物通貨の代替品)

どれも揃えていない我が家。

ドル現金を手元におくこと以外は、検討したいと思います。

覚えておきたい相場の3大原則

1、上がり続ける相場はない

2、短期投資はいずれ失敗する

3、相場はいつか必ず大暴落する

大原則は、わかっちゃいるけど、やめられない!?

つい、右往左往してしまいます。

 

監修の横山氏は、数多いるFPの中でも、わかりやすく、整理された理論で好きなFPの1人。

初心者向けにわかりやすい図解も多用されているので、投資をはじめてみようという方におススメの1冊です。

 

ずぼらな人でも絶対に損しない 手取り17万円からはじめる資産運用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です