暑くなってくると飲みたくなる炭酸飲料。

開封時はいいけれど、しばらく置くと炭酸が抜けて、次第に砂糖水に近寄ってくるところが嫌です。

そこで、100均「炭酸を逃しま栓」を試してみました。

ダイソーの「炭酸を逃しま栓」

ダイソーで見つけた「炭酸を逃しま栓」。

ポンプ式炭酸抜け防止キャップとあります。

炭酸が抜けないようできるものなら、と、試しに購入しました。

自転車の空気入れ要領で、空気を注入

まずペットボトルのフタを、ポンプのフタに替えます。

そのフタに、ポンプを差し込みます。

そのポンプを引き上げると、伸びるので、あとは自転車の空気入れと同じ要領で、空気注入。

10回ぐらいプシュプシュすると、ペコペコしていたペットボトルが、固くなります。

そのまま、ポンプを外し、立てたままペットボトルを冷蔵庫へ。

翌日。フタをあけるときの「プシュ」感は、ある

1日おいて、翌日ペットボトルのフタをあけると、

炭酸飲料独特の「プシュ」という音が。

「お~~~」

これは炭酸抜け防止できたか、と期待できます。

コップに注ぐときのシュワシュワ感は、ない

しかし。

よかったのは、蓋をあけるときまで。

 

コップに注ぐときの泡がなく

シュワシュワ感もない

 

で、当然、飲んでみると、期待を見事に裏切る効果なさ。

 

つまり。

ペットボトルのフタを開けるときの「プシュ」感をキープするためのグッズですね。

 

注意書きをよくよく読むと

本品は炭酸を100%逃さないことを保証するものではありません

とな。

 

 

…ハズレ。