ワタミの介護施設に行ってきた。

介護のお仕事って、奉仕とか、ボランティア精神がないとなりたたない、3Kなお仕事かと思っていた。

けど、ワタミの施設はスタッフがみんな明るい。

「ズルがないから働きやすい」と言うスタッフがいた。

明朗会計、現場のスタッフの意見の吸い上げなど、聞けば確かに、と思う部分が多かった。

でも、裏を返せば、利益が1点に集中しちゃうようなしくみの介護施設が多いってことなんだろうな、とも思う。

それにしてもインタビューしたスタッフだれもが饒舌。語り始めると熱く、質問をはさむのが憚られるほど。

私は「老後は、施設で暮らすか、自宅で暮らすか、どちらが幸せな老後だと思うか?」

という質問をスタッフに投げかけてみた。

数多くのお年寄りの近くにいる人に、その意見を聞いてみたいと思っていたから。

けど、回答は「施設に入れることを後ろめたく思ってほしくない」と。

そうか。こういう施設は、子供が親を入居させるところなのか。

わたしは、てっきり、自分で自分の老後のために入居するところかと。

親の老後、ね。私も考えなきゃ。ついでに自分の老後も。